ホストバイト Q&A

ホストクラブでのバイト、求人情報に関する疑問・質問とその回答を紹介します。

ホストのバイトをシミュレートする

体験入店とは数時間だけホストの仕事を体験することです。
ホスト業界に初めて飛び込もうとしている男性たちには是非活用してもらいたいシステムです。

シャンパンタワー

ホストを「練習」し「不安」を解消する

ホストクラブは基本的にお客さんとマンツーマンで対応します。
会話で楽しませつつお酒を作り、提供する。
細かいルールや接客マナーなどを知らずにいきなりこれをやれ、といわれてもできない人がほとんどでしょう。
なので体験入店とは
・接客に対する不安を解消する為の「練習」として働くこと、
・そのホストクラブの雰囲気を知って実際に働くかどうかを決める判断材料を得る

といった目的で行われます。
あくまで体験ですので、体験終了後に必ずその店で働かなくてはいけないわけではありません

実はキャバクラのボーイにも体験入店があった?
キャバ嬢と楽しく仕事、体験入店できるキャバクラ求人

たとえ体験でもバイト料はでる

嬉しいことにこの「体験入店」にも給料が発生します
5000円くらいから多いところで数万円も。
金額の大きさはそのホストクラブの新人獲得の熱意の表れです。
ただし、即日もらえる場合と実際にバイトをするようになった後で支給する場合があるので体験開始前に確認しておきましょう。

さらに簡略した「見学」ができるお店も

最近では体験入店よりもさらに手軽にお店のことを知ってもらおうという「店内見学」を用意しているホストクラブが少しずつ増えてきています。
言葉の通りで営業中のお店を見学できます。
実際にお客さんの相手はしません。
最初に面談・面接があるのは体験入店とそれほど変わりません。
見学だけなので短ければトータルで1時間~2時間ほどで完了するので拘束時間も短くてすみます。
その分もらえる給料は体験入店に劣りますが、自分の時間に合わせて使い分けると良いでしょう。

ホストの稼ぎの上限はいくら?

ホストの給料の上限は

ホストの仕事を始める理由は人それぞれ。
モテるため、という人もいますがやはり大半はお金を稼ぎたいから。
そうすると1つの疑問が浮かび上がります、どれだけ稼げるのか?と。

ホストの給料システムをおさらい

ホストの給料に関してはホストのバイトの給料は?いくら稼げる?でも書きましたがおさらいを。
基本的には売上に対する歩合給がメインとなります。
保証給(保障給)もありますが、歩合給が増えるとなくなる可能性もあるので給料の上限について考える際にはあまり参考にはならなそうです。
幹部クラスになると基本給がもらえる場合もありますのでそちらの方が重要でしょう。
※管理業務が増えることで現場で接客できる時間が減るためにその補填として高めの基本給を用意するお店があります。
その他、額としてはそれほど多くないですが賞金があります。
これらを合計してホストの給料が算出されます。

給料額で有名なホストといえば

城咲仁
城咲仁
やはりこの人でしょう。
現在はタレントとして活動中でかつてのカリスマホストの面影はなくなりましたが現役当時はかなり稼いでいたようです。
その額は年収で1億を超えていたとか。
このクラスになると店から支払われる給料のほか、直接お金をもらうケースもあるでしょうし、車や不動産などももらっていたでしょう。
実際に彼が手に入れた資産はその倍くらいあったとしても不思議ではありません。

現役ホストの売上最高額は?

ホストクラブSINCE YOU 蓮士
城咲仁はすでに引退していますし、現役当時のホストクラブ業界は今とはまた違っていたでしょう。
だとすれば、今現在ホストとして現役で活躍しているホストの中で一番売上が高いホストが気になるところですよね。
その人物だと言われているのが画像のホスト。
歌舞伎町のSINCE YOUで代表を務める蓮士です。
彼が持つ記録は月間売上5000万突破。
普通に考えると、店単体としても5000万の売上が上がればなかなか繁盛しているホストクラブです。
それを個人レベルで達成するのはまさに伝説級。
1つ注意点があるとすれば前述の城咲仁は収入としての1億ですが、こちらは売上で5000万。
彼に対して店がどれだけの歩合設定をしているのかが気になるところ。
ホストの給料がスライド制であることを考えるとこれだけの売上があるホストなら70%~80%クラス、下手するともっとあるかも。
そうすると給料は月収で3500万~4000万。
このあたりがホストの稼ぐ上限であると今のところ言っても問題ないでしょう。

ホストの稼ぎ時は?

やはりイベント時、特にバースデーでしょう。
通常営業日に高級ボトルを注文するお客はあまりいません。
上記のカリスマでもさすがに難しいです。
お客さんもお金が無尽蔵にあるわけではないので無茶な要求ばかりだと離れてしまう危険性もあります。
その無茶な要求が通りやすいのがバースデー。
自分が主役の一夜です。
高級なボトルをおねだりしやすいですし、シャンパンタワーなど売上が一気に上がるオプションもあります。
某ホストはバースデーの約3時間で1200万の売上を達成したとか。
ホストとしての腕の見せ所ですね。
時にはバースデー前にお客のお財布を閉めておく必要もあります。
売上の記録は最近特にホストの紹介文などで見かけます。
それによってさらに新規客が増える可能性も見込めますから売上・給料の底上げにもつながります。

学生とホスト、掛け持ちはできるのか…

学生

ホストは何も専属だけではありません。
時には2足のわらじをはくことも。
今回は学生がホストとして働く場合についてまとめました。

普通の学生ではもらえない高収入が得られる

大学生の平均賃金は大よそ時給900円~1,000円
1週間の平均就業時間が14時間なので約12,000円~14,000円ほど。
月給だと約5万と言ったところでしょうか。
ホストの場合、給料は基本的に歩合です。
ですから、しっかりお客さんをつかまえて・楽しませて・お酒の注文を受ければ数日、下手すると数時間で同じくらいの給料がもらえます。
最初のうちはなかなか上手くいかず、最低保証の日給だけをもらうことがあると思いますがその金額もそれほど少なくはありません。

学生でも「高校生」は不可

ホストクラブでバイトできるのは何歳から?でも書きましたが、ホストクラブ業界は高校生の就業を基本的に禁止しています。
これは法律的なものでなく、ホストクラブ側の自主規制です。
一部のお店では、定時制(夜間など)の高校に通っている人はOKという場合もあります。

就業時間はいつ頃にする?

ホストのバイトは何時から何時まで?でも書きましたが、ホストクラブには大きく分けて2種類の営業時間があります。
学生がホストクラブで働くに当たってのメリット・デメリットをまとめます。

【1部営業】
◆メリット
・午前中の授業に影響が少ない
・生活のリズムを崩さないで済む
◆デメリット
・学校の友人との遊び、飲み会に参加し難い
・お客さんの層が一般女性なので単価があまり高くない
【2部営業】
◆メリット
・ホストクラブが一番盛り上がるタイミングで客単価が高い
・この時間帯に営業している店舗が多いのでバイト先の選択肢が多い
◆デメリット
・午前中の授業は寝ずにそのままいくか、完全に諦める必要がある ・昼夜逆転の生活なので体調を崩しやすい

最終的には学生とホスト、どちらを重要視するかということになってきます。
学生ならば1部営業、ホストならば2部営業がオススメです。

ドロップアウトには注意

学生ホストの最も悲しい?結末がドロップアウト。
ホストでガッツリ稼ぐのも良いですが、その後の人生の選択肢を増やすためにはしっかり卒業したほうが良いことの方が多いです。
卒業間近で学業が忙しくなる4回生になったら出勤時間を調整してみましょう。

↑このページのトップヘ