ホストバイト Q&A

ホストクラブでのバイト、求人情報に関する疑問・質問とその回答を紹介します。

ホストのバイト面接

ホストという職業が特殊なため、その面接も特殊なものだと考える方がいますが、普通のバイトの面接と基本的にはそう変わりません。
必要以上に緊張する必要はありません。
気軽な気持ちでリラックスして望みましょう。

mensetu

◆問い合わせの連絡

問い合わせ・面接希望の連絡をする際は営業時間の少し前くらいが良いでしょう。
事務スタッフがいる場合は営業時間中でも問題ありませんが、忙しいときは対応しきれないこともあります。
だいたい求人用にメールアドレスもあるので不安ならばそちらにメールしましょう。
最近ではLINEを利用して応募を受け付けるホストクラブが多くなっています。
電話ほど時間を縛られず、メールに比べて確認がしやすい(既読など)ことがその理由です。
気軽に問合せするツールとしてはうってつけです。

参考リンク

気軽にLINEで応募してみよう♪
LINEで「簡単」応募可能なホストクラブ

◆面接に向かう

事前に場所は確認しておきましょう。
店によってはホストが案内してくれる場合もありますが。
服装は私服で問題ありません。
特に店側から指定があればその通りに。
派手にしないといけない、なんてことはありません。

◆面接中の態度

ホストというとチャラい、軽い人が多いと思われがちですが、意外とまじめな人が多いです。
仕事内容も接客業ですのでふざけた態度をとると普通に落とされます。
かといってピリピリした雰囲気というわけではありません。
フレンドリーな感じで面接は行われることが多いです。

◆面接時に聞かれること

過去の経験の有無の他、志望動機なども聞かれます。
他のバイトでは敬遠される「金を稼ぐ」という理由でも問題ありません。
あ とは働きはじめる日にちやシフト、寮を利用するかどうかなど聞かれます。
難しい質問などはほとんどありませんのであまり身構えずに。
聞きたいこと・疑問点などあればしっかりここで確認しておきましょう。

参考リンク

面接を担当する人はどんなところを見ているの?
ホスト採用担当者に聞いた応募・面接チェックポイント

ホスト=酒を飲みまくるイメージ?

酒

ホストには酒を飲むイメージが強いですが酒に弱い人でも、もちろん働けます。
ホスト=酒のイメージ自体が決して間違っているわけではないのですがホストの仕事はそれだけではもちろんありません。

ホストクラブにあるのはアルコール飲料だけでない

ホストクラブには様々なアルコール飲料があります。
ビールやワイン、ブランデーにシャンパン、カクテルなど。
その逆にノンアルコールのソフトドリンクもあります。
これはホストのためというよりはお酒の苦手なお客さん用のものです。
だからと言って、ホストがこれを飲んではいけないということはありません。
ソフトドリンクやアルコール度数の少ない飲み物を織り交ぜながら接客することで十分にホストとしての仕事をやり遂げることは可能です。

酒を飲むだけがホストの接客ではない

酒をガンガン飲むことでお客を楽しませて売り上げを上げるのも接客スタイルの1つ。
逆に、さほど酒を飲まなくともトークなどで楽しませるのも立派な接客スタイルなのです。
お客さんのタイプに合わせた接客ができれば問題ありません。

先輩にテクニックを教わろう

人間にはみな体質があるので酒の強さもまちまち。
当然先輩ホストの中にも酒に弱いホストがいるはずです
どうしても飲まないといけない場面も出てきますが、彼ら先輩ホストにそういった時の対処法を聞いてみましょう。
意外なやり過ごし方を教えてもらえるかもしれませんよ。

参考リンク

酒が飲めないなら、他でカバーすればいいじゃない♪
酒の飲めないホスト選手権
酒が飲めない・弱いホストの仕事術

↑このページのトップヘ