ホストクラブのシフト事情

通常のバイトにシフトがあるようにホストのバイトにもシフトはあります。
しかし、ホストクラブのバイトの出勤は結構自由度が高いので、 基本的には自分で出勤ペースを決めることが出来ます。
自分の働ける時間帯から決めてもらえればOKですが、
レギュラー出勤、バイト出勤のメリット・デメリットも参考にしてみてください。

syukkin

出勤ペースの違いによるメリット・デメリット

◆レギュラーホスト
大よそ週に4~5日くらいは出勤するホスト。
定休日以外の日、つまりホストクラブの営業日全てに出勤するホストも指します。
毎日出勤しているので新規客獲得のチャンスが多く、周囲のホストたちとの連携もとりやすいです。
ヘルプ(接客補助)での給料ももらえますし、皆勤賞などの手当ても狙えます。
給料の変動が多いホストの中でも比較的安定した給料が見込めます。

◆バイトホスト
だいたい週1~3日くらい出勤するホスト。
学生ホストや別の仕事を掛け持ちしているホストなどが多いです。
無理せず自分のペースで働けますが、店にいないことも多いのでお客獲得のチャンスが限られてしまいます。
また、レギュラーホストとの差別化として給料体系が変わる場合が多いです。
当然出勤日数が多いレギュラーホストの方が良い給料体系(歩合の率が高いなど)になります。
バイトホストではそもそも歩合給がなく、時給扱いになることもあります。

歩合給については
ホストのバイトの給料は?いくら稼げる?
を参考に

参考リンク

週1から可能?バイト勤務ができる歌舞伎町ホストクラブ
週1から可能?バイト勤務ができる大阪ホストクラブ