ホストバイト、一番気になるのはやはり給料

ホストでバイトしようと考えている人はやはり「大金を稼ぐ」という理由が多いでしょう。
ですが、実際のホストの給料のしくみについては知らない人が多いと思います。
このページではそのしくみについて説明していきたいと思います。
なぜホストバイトが稼げるのか、その点についても少し説明します。

money

ホストの給料基本システム

まずはホストのバイトでの給料体系を説明しましょう。
ホストクラブでは基本的に「歩合給」となっています。
自分を指名してくれたお客さん、指名にはいたってないが接客対応をしたお客さんが店内でお酒やフードメニューを注文した金額に応じて、その一部が給料になります。
その割合を「歩合」または「バック」などといいます。
だいたい40%~70%くらいが相場です。

ホストの給料計算例

言葉だけではわかりにくいと思いますので給与の計算例を紹介します。
大雑把な計算ですが、

100万(お客さんが使った金額)
50%(歩合・バック)
の場合、
50万円がホストの給料になります。

ホストクラブのバイト情報に「がんばったらがんばった分だけ給料になる」と書かれているのはこういった給与体系があるためです。
時給1000円のバイトであれば8時間きっちり働いて8000円
ホストはほんの数分でも10万のシャンパンを注文してもらえたら4万~7万くらいのお金を稼げます。
さすがに10万のシャンパンが頻繁に注文されるわけではありませんが1万円程度のシャンパンならそこそこあります。
これだけでも普通のバイトに比べて効率よく稼げるのがわかってもらえると思います。

最初はみんな新人ホスト

仕事に慣れていない・自分のお客さんが全然いないといった新人ホスト時代は誰にでもあります。
お客さんがいなければシャンパンの注文もなし、
そんな日がずっと続いた場合に歩合計算したら…給料が0円?
そんなことはありません。
最近のホストクラブのバイト情報で見かけるのが「最低保証制度
新人ホストへの救済策の1つです。
これは売り上げから換算した給料が「最低保証給」に達しないホストに対して支払われます。
つまり最低保証金が20万で歩合・バックが50%の場合、40万以下の売り上げのホストには一律20万が支給されるということ。
一つだけ注意したいのは、この最低保証は店によって期限が決められている場合があるということです。
それは、この制度の目的ががんばりながらもなかなか成果に繋がらない新人の救済策であって、努力をしないままお金をもらい続けようと考えるホストのためではないからです。

関連リンク

ホストの給料大公開!