多くのホストクラブが営業しているエリアをチェック

ホストクラブで働くならできるだけお客が多いエリアで働くのが高収入ゲットの近道です。
全国各地のホストクラブスポットを紹介しましょう。

新宿歌舞伎町

歌舞伎町

現代ホストクラブ発祥の地。
それが新宿歌舞伎町。
200店舗以上のホストクラブが営業しています。
その売上を支える夜業界の女性が働くお店も多いです(キャバクラ・風俗)
アジア1の歓楽街と呼ばれるのも納得の規模。
店舗数が多いということは、それだけライバルが多いエリアでもあります。
上京してくるのは新人候補だけでなく、地方ですでに実績のあるホストもいますから競争はさらに激化します。
トップクラスのホストになると年間の売上額が1億を突破することもあります。
メディアへの露出などホストの仕事に留まらない活躍を見せるホストも多く、将来的に芸能界などに進みたい人にはオススメなエリアとも言えます。
新宿歌舞伎町のホスト求人を見てみる

大阪(ミナミ・キタ)

大阪ミナミ

ホストクラブ業界の西の雄。
大阪の繁華街はその位置関係から「キタ」と「ミナミ」に分けられます。
ホストクラブの数は近年その差が大きくなり、キタは約10店舗、ミナミは160店舗ほどが営業しています。
街の雰囲気にもやや違いがあり、キタエリアはちょっと大人の落ち着いた雰囲気。
北新地に代表されるような高級クラブがあり、ホストクラブに訪れるお客さんの売上単価は高め。
数は少ないものの、所謂「太い客」を一本釣りして一気に収入をアップさせる事が可能。
注意したいのは相手が高級クラブの嬢だと、生半可な接客では足元を見られる、ってことでしょうか。
逆にミナミはよく言えば賑やかな、悪く言えば騒がしい街。
風俗店、キャバクラも安売りをテーマとする店舗が多く、働く嬢=後のお客候補は多いですが単価はキタに比べるとやや少な目かも。
通常の飲食店も多いので仕事帰りのOLなど一般層のお客さんがちょっと興味本位に訪れる事も結構あります。
歌舞伎町と同様に店舗数が多くライバルが多いのでトップに立つには相当の努力と運が必要ですがチャンスは十二分にあります。
最近は単月とは言え、売上1000万を超えるホストもチラホラ出てきています。
このクラスになると月収は600万とか700万くらいになっているはず。
大阪(ミナミ・キタ)のホスト求人を見てみる