学生とホスト、掛け持ちはできるのか…

学生

ホストは何も専属だけではありません。
時には2足のわらじをはくことも。
今回は学生がホストとして働く場合についてまとめました。

普通の学生ではもらえない高収入が得られる

大学生の平均賃金は大よそ時給900円~1,000円
1週間の平均就業時間が14時間なので約12,000円~14,000円ほど。
月給だと約5万と言ったところでしょうか。
ホストの場合、給料は基本的に歩合です。
ですから、しっかりお客さんをつかまえて・楽しませて・お酒の注文を受ければ数日、下手すると数時間で同じくらいの給料がもらえます。
最初のうちはなかなか上手くいかず、最低保証の日給だけをもらうことがあると思いますがその金額もそれほど少なくはありません。

学生でも「高校生」は不可

ホストクラブでバイトできるのは何歳から?でも書きましたが、ホストクラブ業界は高校生の就業を基本的に禁止しています。
これは法律的なものでなく、ホストクラブ側の自主規制です。
一部のお店では、定時制(夜間など)の高校に通っている人はOKという場合もあります。

就業時間はいつ頃にする?

ホストのバイトは何時から何時まで?でも書きましたが、ホストクラブには大きく分けて2種類の営業時間があります。
学生がホストクラブで働くに当たってのメリット・デメリットをまとめます。

【1部営業】
◆メリット
・午前中の授業に影響が少ない
・生活のリズムを崩さないで済む
◆デメリット
・学校の友人との遊び、飲み会に参加し難い
・お客さんの層が一般女性なので単価があまり高くない
【2部営業】
◆メリット
・ホストクラブが一番盛り上がるタイミングで客単価が高い
・この時間帯に営業している店舗が多いのでバイト先の選択肢が多い
◆デメリット
・午前中の授業は寝ずにそのままいくか、完全に諦める必要がある ・昼夜逆転の生活なので体調を崩しやすい

最終的には学生とホスト、どちらを重要視するかということになってきます。
学生ならば1部営業、ホストならば2部営業がオススメです。

ドロップアウトには注意

学生ホストの最も悲しい?結末がドロップアウト。
ホストでガッツリ稼ぐのも良いですが、その後の人生の選択肢を増やすためにはしっかり卒業したほうが良いことの方が多いです。
卒業間近で学業が忙しくなる4回生になったら出勤時間を調整してみましょう。