ホスト=酒を飲みまくるイメージ?

酒

ホストには酒を飲むイメージが強いですが酒に弱い人でも、もちろん働けます。
ホスト=酒のイメージ自体が決して間違っているわけではないのですがホストの仕事はそれだけではもちろんありません。

ホストクラブにあるのはアルコール飲料だけでない

ホストクラブには様々なアルコール飲料があります。
ビールやワイン、ブランデーにシャンパン、カクテルなど。
その逆にノンアルコールのソフトドリンクもあります。
これはホストのためというよりはお酒の苦手なお客さん用のものです。
だからと言って、ホストがこれを飲んではいけないということはありません。
ソフトドリンクやアルコール度数の少ない飲み物を織り交ぜながら接客することで十分にホストとしての仕事をやり遂げることは可能です。

酒を飲むだけがホストの接客ではない

酒をガンガン飲むことでお客を楽しませて売り上げを上げるのも接客スタイルの1つ。
逆に、さほど酒を飲まなくともトークなどで楽しませるのも立派な接客スタイルなのです。
お客さんのタイプに合わせた接客ができれば問題ありません。

先輩にテクニックを教わろう

人間にはみな体質があるので酒の強さもまちまち。
当然先輩ホストの中にも酒に弱いホストがいるはずです
どうしても飲まないといけない場面も出てきますが、彼ら先輩ホストにそういった時の対処法を聞いてみましょう。
意外なやり過ごし方を教えてもらえるかもしれませんよ。

参考リンク

酒が飲めないなら、他でカバーすればいいじゃない♪
酒の飲めないホスト選手権
酒が飲めない・弱いホストの仕事術