ホストバイト Q&A

ホストクラブでのバイト、求人情報に関する疑問・質問とその回答を紹介します。

カテゴリ: ホストクラブの制度・仕組みについて

学生とホスト、掛け持ちはできるのか…

学生

ホストは何も専属だけではありません。
時には2足のわらじをはくことも。
今回は学生がホストとして働く場合についてまとめました。

普通の学生ではもらえない高収入が得られる

大学生の平均賃金は大よそ時給900円~1,000円
1週間の平均就業時間が14時間なので約12,000円~14,000円ほど。
月給だと約5万と言ったところでしょうか。
ホストの場合、給料は基本的に歩合です。
ですから、しっかりお客さんをつかまえて・楽しませて・お酒の注文を受ければ数日、下手すると数時間で同じくらいの給料がもらえます。
最初のうちはなかなか上手くいかず、最低保証の日給だけをもらうことがあると思いますがその金額もそれほど少なくはありません。

学生でも「高校生」は不可

ホストクラブでバイトできるのは何歳から?でも書きましたが、ホストクラブ業界は高校生の就業を基本的に禁止しています。
これは法律的なものでなく、ホストクラブ側の自主規制です。
一部のお店では、定時制(夜間など)の高校に通っている人はOKという場合もあります。

就業時間はいつ頃にする?

ホストのバイトは何時から何時まで?でも書きましたが、ホストクラブには大きく分けて2種類の営業時間があります。
学生がホストクラブで働くに当たってのメリット・デメリットをまとめます。

【1部営業】
◆メリット
・午前中の授業に影響が少ない
・生活のリズムを崩さないで済む
◆デメリット
・学校の友人との遊び、飲み会に参加し難い
・お客さんの層が一般女性なので単価があまり高くない
【2部営業】
◆メリット
・ホストクラブが一番盛り上がるタイミングで客単価が高い
・この時間帯に営業している店舗が多いのでバイト先の選択肢が多い
◆デメリット
・午前中の授業は寝ずにそのままいくか、完全に諦める必要がある ・昼夜逆転の生活なので体調を崩しやすい

最終的には学生とホスト、どちらを重要視するかということになってきます。
学生ならば1部営業、ホストならば2部営業がオススメです。

ドロップアウトには注意

学生ホストの最も悲しい?結末がドロップアウト。
ホストでガッツリ稼ぐのも良いですが、その後の人生の選択肢を増やすためにはしっかり卒業したほうが良いことの方が多いです。
卒業間近で学業が忙しくなる4回生になったら出勤時間を調整してみましょう。

似た仕事のようで実は結構違う

バーテンダー

ホストクラブと同じく男性の夜のバイト先にボーイズバーがあります。
ひとくくりにされがちなこの二つの仕事ですが、異なる点が多いのです。

隣に座ってイチャイチャできない

ホストクラブのホストは基本的にお客さんの隣で、時にはべったりくっついて接客するのですが、ボーイズバーは異なります。
お客との間にカウンターがありますので対面での接客が基本となります。
通常のバーのバーテンダーに近い形ですのでお客さんとの距離感はちょっとあります。

24時間だって営業できる

実際に24時間営業しているボーイズバーは見当たりませんが、通常のバーと同じ扱いですので深夜も朝方も問題なく営業出来ます(バーの営業許可は当然要ります)
ホストクラブは基本深夜1時(場所によっては24時)までですから結構異なります。
営業時間が延びれば働く、働ける時間も延びます。
これをメリットとみるかデメリットとみるかは人それぞれでしょう。

指名制度がない

ホストクラブではお客さんは自分の接客担当のホストを指名します。
指名は基本的に永久に継続されます(担当のホストが辞めた場合は別のホストを指名できる)
ボーイズバーには指名がそもそもないか、あったとしても永久といった拘束はありません。
お客さんはその日の気分に合わせて接客担当を選べるわけです。
ホストクラブ・ボーイズバー双方にそれぞれメリット・デメリットがあるので一概にどちらが良いとはいえません。

給料の仕組みは近いところも

ボーイズバーの給料は時給のみの場合の他、歩合が付くことがあります。
歩合とはつまり「成果報酬」。
ボーイズバーにおいてはお酒などの注文を受けた額。
ドリンクバックとも呼ばれます。
金額に一定の%を欠けることで算出されます。
たとえば、1,000円の飲み物に20%のバックがつくならば1杯注文を受けるごとに200円の給料となります。
この歩合はホストクラブで働くホストのメインの給料。
歩合の%はボーイズバーの方がホストクラブに比べて少ないことが多いです。

ボーイズバーの仕事に興味がわいたら…
ボーイズバーの求人を見てみよう!

ホストバイトの年齢制限

ホストクラブも営業の種類で言えば「風俗営業」の一つ。
働く人たちには年齢制限があります。

age

法律で決められた年齢

ホストクラブで未成年は働けない、と思っている人が多いようですがそんなことはありません。
法律上18歳以上であれば働けます。
女性がキャバクラなど水商売のお店や風俗店で働く場合と同様です。
しかし、20歳未満ですので当然飲酒・喫煙はできません。
なので飲むのはソフトドリンクなどに限られます。

高校生は働ける?

18歳と言うと、順調に進学していれば高校三年生ですよね。
高校生でもホストクラブで働けるのかと問われれば「法律上はOK」と答えます。
しかし、ホストクラブ側も高校生を雇うのは無用なトラブルの元になるので避けている場合がほとんどです。
ホストクラブのバイト情報を見てみると募集資格・年齢のところに「高校生不可」と記載してあることに気づくでしょう。
これはホストクラブ側の自主規制のようなものです。
その他、飲酒・喫煙が可能である20歳を応募条件にしているホストクラブもあります。

ホストの年齢上限は?

年齢の下限は法律で18歳となっていますが、年齢の上限はホストクラブによって様々です。
最近はホストの低年齢化が進んでいるので30歳くらいが一応の目安となる場合がほとんどです。
とはいえ、30代、40代ホストが活躍する大人向けの店もあるのでチャンスはありますし、トークが上手い・女性をもてなすのが上手いのであれば上限など設けないホストクラブもあります。
極まれに60代くらいのおじいちゃんがホスト一覧に載っていることもありますから

関連リンク

生涯現役?
30代で頑張るホスト達に注目!

↑このページのトップヘ