似た仕事のようで実は結構違う

バーテンダー

ホストクラブと同じく男性の夜のバイト先にボーイズバーがあります。
ひとくくりにされがちなこの二つの仕事ですが、異なる点が多いのです。

隣に座ってイチャイチャできない

ホストクラブのホストは基本的にお客さんの隣で、時にはべったりくっついて接客するのですが、ボーイズバーは異なります。
お客との間にカウンターがありますので対面での接客が基本となります。
通常のバーのバーテンダーに近い形ですのでお客さんとの距離感はちょっとあります。

24時間だって営業できる

実際に24時間営業しているボーイズバーは見当たりませんが、通常のバーと同じ扱いですので深夜も朝方も問題なく営業出来ます(バーの営業許可は当然要ります)
ホストクラブは基本深夜1時(場所によっては24時)までですから結構異なります。
営業時間が延びれば働く、働ける時間も延びます。
これをメリットとみるかデメリットとみるかは人それぞれでしょう。

指名制度がない

ホストクラブではお客さんは自分の接客担当のホストを指名します。
指名は基本的に永久に継続されます(担当のホストが辞めた場合は別のホストを指名できる)
ボーイズバーには指名がそもそもないか、あったとしても永久といった拘束はありません。
お客さんはその日の気分に合わせて接客担当を選べるわけです。
ホストクラブ・ボーイズバー双方にそれぞれメリット・デメリットがあるので一概にどちらが良いとはいえません。

給料の仕組みは近いところも

ボーイズバーの給料は時給のみの場合の他、歩合が付くことがあります。
歩合とはつまり「成果報酬」。
ボーイズバーにおいてはお酒などの注文を受けた額。
ドリンクバックとも呼ばれます。
金額に一定の%を欠けることで算出されます。
たとえば、1,000円の飲み物に20%のバックがつくならば1杯注文を受けるごとに200円の給料となります。
この歩合はホストクラブで働くホストのメインの給料。
歩合の%はボーイズバーの方がホストクラブに比べて少ないことが多いです。

ボーイズバーの仕事に興味がわいたら…
ボーイズバーの求人を見てみよう!