ホストバイト Q&A

ホストクラブでのバイト、求人情報に関する疑問・質問とその回答を紹介します。

タグ:バイト

学生とホスト、掛け持ちはできるのか…

学生

ホストは何も専属だけではありません。
時には2足のわらじをはくことも。
今回は学生がホストとして働く場合についてまとめました。

普通の学生ではもらえない高収入が得られる

大学生の平均賃金は大よそ時給900円~1,000円
1週間の平均就業時間が14時間なので約12,000円~14,000円ほど。
月給だと約5万と言ったところでしょうか。
ホストの場合、給料は基本的に歩合です。
ですから、しっかりお客さんをつかまえて・楽しませて・お酒の注文を受ければ数日、下手すると数時間で同じくらいの給料がもらえます。
最初のうちはなかなか上手くいかず、最低保証の日給だけをもらうことがあると思いますがその金額もそれほど少なくはありません。

学生でも「高校生」は不可

ホストクラブでバイトできるのは何歳から?でも書きましたが、ホストクラブ業界は高校生の就業を基本的に禁止しています。
これは法律的なものでなく、ホストクラブ側の自主規制です。
一部のお店では、定時制(夜間など)の高校に通っている人はOKという場合もあります。

就業時間はいつ頃にする?

ホストのバイトは何時から何時まで?でも書きましたが、ホストクラブには大きく分けて2種類の営業時間があります。
学生がホストクラブで働くに当たってのメリット・デメリットをまとめます。

【1部営業】
◆メリット
・午前中の授業に影響が少ない
・生活のリズムを崩さないで済む
◆デメリット
・学校の友人との遊び、飲み会に参加し難い
・お客さんの層が一般女性なので単価があまり高くない
【2部営業】
◆メリット
・ホストクラブが一番盛り上がるタイミングで客単価が高い
・この時間帯に営業している店舗が多いのでバイト先の選択肢が多い
◆デメリット
・午前中の授業は寝ずにそのままいくか、完全に諦める必要がある ・昼夜逆転の生活なので体調を崩しやすい

最終的には学生とホスト、どちらを重要視するかということになってきます。
学生ならば1部営業、ホストならば2部営業がオススメです。

ドロップアウトには注意

学生ホストの最も悲しい?結末がドロップアウト。
ホストでガッツリ稼ぐのも良いですが、その後の人生の選択肢を増やすためにはしっかり卒業したほうが良いことの方が多いです。
卒業間近で学業が忙しくなる4回生になったら出勤時間を調整してみましょう。

実際にホストのバイト情報を見てみよう

歌舞伎町の夜景

ホストクラブで働く事についてある程度疑問が解決したらいざ応募です。
ここでは歌舞伎町をメインに東京のホストクラブのバイト情報の抜粋を紹介します。
各店のオススメポイントもあわせて紹介します。

オススメホストバイト一覧

ホストクラブ グリッター
店名
GlitteR(グリッター)
給料
日給7,000円(最低保証)+売上バック+指名料・同伴料フルバック+各種賞金
体験料
時給2,500円※当日支給
オススメポイント
10年の歴史がある老舗店
一言解説
歌舞伎町のホストクラブ業界と言うのは群雄割拠、熾烈な争い(暴力とかでなく)が繰り広げられています。
新規にオープンしても1年持たない、なんてことはザラ。
5年も営業していれば立派な一流店。
そんな歌舞伎町で10年を超える実績。
知名度は折り紙つき、新規のお客さんも十分な数が来店しているでしょう。
新規のお客さんは新人にとっては喉から手が出るほど欲しい物。
その数が多いなら一気にステップアップするチャンスも多くなっていると考えて問題ありません。
応募・問合せはホスト求人サイトへ
ホストクラブ「GlitteR(グリッター)」の求人情報へ
ホストクラブキング
店名
KinG(キング)
給料
月給21万円+売上バック+ポイントバック+賞金
体験料
体入費or小計100%バック!
オススメポイント
マイナンバーの心配もない健全店
一言解説
歌舞伎町のホストクラブ業界に新しい風を送るニュージェネレーショングループの基幹店。
安定の保証給に賞金の数々。
ホストとして売り出す、スタートを切るのに必要なパネルや名刺も負担してくれます。
嬉しいのがヘアメイク代の負担。
ホストにとっては毎日のことですからこの出費が抑えれるのはうれしいものでしょう。
応募・問合せはホスト求人サイトへ
ホストクラブ「KinG(キング)」の求人情報へ
ホストクラブblack-pearl
店名
BLACK PEARL(ブラックパール)
給料
日給10,000円保障
体験料
体験入店1万5千円
オススメポイント
週1~、3時間~OKな働きやすさ
一言解説
都内で2店舗営業しているホストクラブグループ。
まず注目したいのが体験支給額の高さ。
ホストとしての仕事を体験するだけで1万5千円もらえるのは大きい。
実際に働く場合では短時間での勤務もできるので学生・フリーターがかけもちで働くのにも適してます。
雑誌、ファッションブランドのモデルなどで活躍する先輩ホストがいるのでそういった業界・露出に興味がある人にもお勧め。
応募・問合せはホスト求人サイトへ
ホストクラブ「BLACK PEARL(ブラックパール)」の求人情報へ
まだまだある、歌舞伎町のホスト求人情報
⇒歌舞伎町ホスト求人情報一覧へ

新人ホストの共通の悩み…

悩む

ホストとして稼ぎたいなら指名をバンバンもらって、シャンパンをどんどん注文してもらえばいい。
でも、それを誰もがすぐにできるわけではないのです。
不安を解消できるかもしれない情報をまとめました。

ヘルプだって立派なホストの仕事

指名を受けたホストは確かにスゴイ。
でも、お客さんを楽しませるのは一人では不十分。
サポートに徹するヘルプホストの役割も重要です。
お酒を作ったり、テーブルをキレイにしたり、会話を盛り上げたり。
指名ホストとのコンビネーションが重要。
ヘルプの仕事にも報酬・給料が発生しますのでしっかり仕事をこなしましょう。

ヘルプをしていればいいことも…

ホストクラブ業界の言葉に「枝(えだ)」というものがあります。
これは、始めて来店したお客さん(以後:客B)の中でも、すでにお店に来たことのあるお客さん(以後:客A)が連れてきた・紹介したお客さんのこと。
ここで注目すべきは、客Bは客Aと指名ホストが被る事は少ない、ということ。
そうなれば、客Aの接客時にヘルプとして良いところを見せていれば客Bに勧めてくれるチャンスが来ようというもの。
地道にヘルプとして頑張ってきた成果が実を結ぶ瞬間です。
店内には他にもホストがいるので確実に指名をもらえるわけではないですが、モチベーションを保ちつつ仕事に取り組めば転がってくるチャンスはあるのです。

最低保証があるから安心

ホストの給料の大部分は歩合。
基本的に歩合は指名を受けたホストでないと換算されません。
ということは、指名を受けていないホストの給料はすずめの涙…?
安心して下さい、そこには最低保証があります。
主に入店間もない新人ホストのための制度で、簡単に言えば一定額の基本給をもらえるのです。
支給の期限は店舗によって異なります。
永久の場合があれば、入店後3ヶ月など。
貰える間に指名してくれるお客さんをゲットしましょう。

最低保証の金額が高いホストクラブランキング

似た仕事のようで実は結構違う

バーテンダー

ホストクラブと同じく男性の夜のバイト先にボーイズバーがあります。
ひとくくりにされがちなこの二つの仕事ですが、異なる点が多いのです。

隣に座ってイチャイチャできない

ホストクラブのホストは基本的にお客さんの隣で、時にはべったりくっついて接客するのですが、ボーイズバーは異なります。
お客との間にカウンターがありますので対面での接客が基本となります。
通常のバーのバーテンダーに近い形ですのでお客さんとの距離感はちょっとあります。

24時間だって営業できる

実際に24時間営業しているボーイズバーは見当たりませんが、通常のバーと同じ扱いですので深夜も朝方も問題なく営業出来ます(バーの営業許可は当然要ります)
ホストクラブは基本深夜1時(場所によっては24時)までですから結構異なります。
営業時間が延びれば働く、働ける時間も延びます。
これをメリットとみるかデメリットとみるかは人それぞれでしょう。

指名制度がない

ホストクラブではお客さんは自分の接客担当のホストを指名します。
指名は基本的に永久に継続されます(担当のホストが辞めた場合は別のホストを指名できる)
ボーイズバーには指名がそもそもないか、あったとしても永久といった拘束はありません。
お客さんはその日の気分に合わせて接客担当を選べるわけです。
ホストクラブ・ボーイズバー双方にそれぞれメリット・デメリットがあるので一概にどちらが良いとはいえません。

給料の仕組みは近いところも

ボーイズバーの給料は時給のみの場合の他、歩合が付くことがあります。
歩合とはつまり「成果報酬」。
ボーイズバーにおいてはお酒などの注文を受けた額。
ドリンクバックとも呼ばれます。
金額に一定の%を欠けることで算出されます。
たとえば、1,000円の飲み物に20%のバックがつくならば1杯注文を受けるごとに200円の給料となります。
この歩合はホストクラブで働くホストのメインの給料。
歩合の%はボーイズバーの方がホストクラブに比べて少ないことが多いです。

ボーイズバーの仕事に興味がわいたら…
ボーイズバーの求人を見てみよう!

多くのホストクラブが営業しているエリアをチェック

ホストクラブで働くならできるだけお客が多いエリアで働くのが高収入ゲットの近道です。
全国各地のホストクラブスポットを紹介しましょう。

新宿歌舞伎町

歌舞伎町

現代ホストクラブ発祥の地。
それが新宿歌舞伎町。
200店舗以上のホストクラブが営業しています。
その売上を支える夜業界の女性が働くお店も多いです(キャバクラ・風俗)
アジア1の歓楽街と呼ばれるのも納得の規模。
店舗数が多いということは、それだけライバルが多いエリアでもあります。
上京してくるのは新人候補だけでなく、地方ですでに実績のあるホストもいますから競争はさらに激化します。
トップクラスのホストになると年間の売上額が1億を突破することもあります。
メディアへの露出などホストの仕事に留まらない活躍を見せるホストも多く、将来的に芸能界などに進みたい人にはオススメなエリアとも言えます。
新宿歌舞伎町のホスト求人を見てみる

大阪(ミナミ・キタ)

大阪ミナミ

ホストクラブ業界の西の雄。
大阪の繁華街はその位置関係から「キタ」と「ミナミ」に分けられます。
ホストクラブの数は近年その差が大きくなり、キタは約10店舗、ミナミは160店舗ほどが営業しています。
街の雰囲気にもやや違いがあり、キタエリアはちょっと大人の落ち着いた雰囲気。
北新地に代表されるような高級クラブがあり、ホストクラブに訪れるお客さんの売上単価は高め。
数は少ないものの、所謂「太い客」を一本釣りして一気に収入をアップさせる事が可能。
注意したいのは相手が高級クラブの嬢だと、生半可な接客では足元を見られる、ってことでしょうか。
逆にミナミはよく言えば賑やかな、悪く言えば騒がしい街。
風俗店、キャバクラも安売りをテーマとする店舗が多く、働く嬢=後のお客候補は多いですが単価はキタに比べるとやや少な目かも。
通常の飲食店も多いので仕事帰りのOLなど一般層のお客さんがちょっと興味本位に訪れる事も結構あります。
歌舞伎町と同様に店舗数が多くライバルが多いのでトップに立つには相当の努力と運が必要ですがチャンスは十二分にあります。
最近は単月とは言え、売上1000万を超えるホストもチラホラ出てきています。
このクラスになると月収は600万とか700万くらいになっているはず。
大阪(ミナミ・キタ)のホスト求人を見てみる

↑このページのトップヘ