ホストバイト Q&A

ホストクラブでのバイト、求人情報に関する疑問・質問とその回答を紹介します。

タグ:接客

ホストのバイトをシミュレートする

体験入店とは数時間だけホストの仕事を体験することです。
ホスト業界に初めて飛び込もうとしている男性たちには是非活用してもらいたいシステムです。

シャンパンタワー

ホストを「練習」し「不安」を解消する

ホストクラブは基本的にお客さんとマンツーマンで対応します。
会話で楽しませつつお酒を作り、提供する。
細かいルールや接客マナーなどを知らずにいきなりこれをやれ、といわれてもできない人がほとんどでしょう。
なので体験入店とは
・接客に対する不安を解消する為の「練習」として働くこと、
・そのホストクラブの雰囲気を知って実際に働くかどうかを決める判断材料を得る

といった目的で行われます。
あくまで体験ですので、体験終了後に必ずその店で働かなくてはいけないわけではありません

実はキャバクラのボーイにも体験入店があった?
キャバ嬢と楽しく仕事、体験入店できるキャバクラ求人

たとえ体験でもバイト料はでる

嬉しいことにこの「体験入店」にも給料が発生します
5000円くらいから多いところで数万円も。
金額の大きさはそのホストクラブの新人獲得の熱意の表れです。
ただし、即日もらえる場合と実際にバイトをするようになった後で支給する場合があるので体験開始前に確認しておきましょう。

さらに簡略した「見学」ができるお店も

最近では体験入店よりもさらに手軽にお店のことを知ってもらおうという「店内見学」を用意しているホストクラブが少しずつ増えてきています。
言葉の通りで営業中のお店を見学できます。
実際にお客さんの相手はしません。
最初に面談・面接があるのは体験入店とそれほど変わりません。
見学だけなので短ければトータルで1時間~2時間ほどで完了するので拘束時間も短くてすみます。
その分もらえる給料は体験入店に劣りますが、自分の時間に合わせて使い分けると良いでしょう。

新人ホストの共通の悩み…

悩む

ホストとして稼ぎたいなら指名をバンバンもらって、シャンパンをどんどん注文してもらえばいい。
でも、それを誰もがすぐにできるわけではないのです。
不安を解消できるかもしれない情報をまとめました。

ヘルプだって立派なホストの仕事

指名を受けたホストは確かにスゴイ。
でも、お客さんを楽しませるのは一人では不十分。
サポートに徹するヘルプホストの役割も重要です。
お酒を作ったり、テーブルをキレイにしたり、会話を盛り上げたり。
指名ホストとのコンビネーションが重要。
ヘルプの仕事にも報酬・給料が発生しますのでしっかり仕事をこなしましょう。

ヘルプをしていればいいことも…

ホストクラブ業界の言葉に「枝(えだ)」というものがあります。
これは、始めて来店したお客さん(以後:客B)の中でも、すでにお店に来たことのあるお客さん(以後:客A)が連れてきた・紹介したお客さんのこと。
ここで注目すべきは、客Bは客Aと指名ホストが被る事は少ない、ということ。
そうなれば、客Aの接客時にヘルプとして良いところを見せていれば客Bに勧めてくれるチャンスが来ようというもの。
地道にヘルプとして頑張ってきた成果が実を結ぶ瞬間です。
店内には他にもホストがいるので確実に指名をもらえるわけではないですが、モチベーションを保ちつつ仕事に取り組めば転がってくるチャンスはあるのです。

最低保証があるから安心

ホストの給料の大部分は歩合。
基本的に歩合は指名を受けたホストでないと換算されません。
ということは、指名を受けていないホストの給料はすずめの涙…?
安心して下さい、そこには最低保証があります。
主に入店間もない新人ホストのための制度で、簡単に言えば一定額の基本給をもらえるのです。
支給の期限は店舗によって異なります。
永久の場合があれば、入店後3ヶ月など。
貰える間に指名してくれるお客さんをゲットしましょう。

最低保証の金額が高いホストクラブランキング

ホスト=酒を飲みまくるイメージ?

酒

ホストには酒を飲むイメージが強いですが酒に弱い人でも、もちろん働けます。
ホスト=酒のイメージ自体が決して間違っているわけではないのですがホストの仕事はそれだけではもちろんありません。

ホストクラブにあるのはアルコール飲料だけでない

ホストクラブには様々なアルコール飲料があります。
ビールやワイン、ブランデーにシャンパン、カクテルなど。
その逆にノンアルコールのソフトドリンクもあります。
これはホストのためというよりはお酒の苦手なお客さん用のものです。
だからと言って、ホストがこれを飲んではいけないということはありません。
ソフトドリンクやアルコール度数の少ない飲み物を織り交ぜながら接客することで十分にホストとしての仕事をやり遂げることは可能です。

酒を飲むだけがホストの接客ではない

酒をガンガン飲むことでお客を楽しませて売り上げを上げるのも接客スタイルの1つ。
逆に、さほど酒を飲まなくともトークなどで楽しませるのも立派な接客スタイルなのです。
お客さんのタイプに合わせた接客ができれば問題ありません。

先輩にテクニックを教わろう

人間にはみな体質があるので酒の強さもまちまち。
当然先輩ホストの中にも酒に弱いホストがいるはずです
どうしても飲まないといけない場面も出てきますが、彼ら先輩ホストにそういった時の対処法を聞いてみましょう。
意外なやり過ごし方を教えてもらえるかもしれませんよ。

参考リンク

酒が飲めないなら、他でカバーすればいいじゃない♪
酒の飲めないホスト選手権
酒が飲めない・弱いホストの仕事術

↑このページのトップヘ