ホストバイト Q&A

ホストクラブでのバイト、求人情報に関する疑問・質問とその回答を紹介します。

タグ:最低保証

新人ホストの共通の悩み…

悩む

ホストとして稼ぎたいなら指名をバンバンもらって、シャンパンをどんどん注文してもらえばいい。
でも、それを誰もがすぐにできるわけではないのです。
不安を解消できるかもしれない情報をまとめました。

ヘルプだって立派なホストの仕事

指名を受けたホストは確かにスゴイ。
でも、お客さんを楽しませるのは一人では不十分。
サポートに徹するヘルプホストの役割も重要です。
お酒を作ったり、テーブルをキレイにしたり、会話を盛り上げたり。
指名ホストとのコンビネーションが重要。
ヘルプの仕事にも報酬・給料が発生しますのでしっかり仕事をこなしましょう。

ヘルプをしていればいいことも…

ホストクラブ業界の言葉に「枝(えだ)」というものがあります。
これは、始めて来店したお客さん(以後:客B)の中でも、すでにお店に来たことのあるお客さん(以後:客A)が連れてきた・紹介したお客さんのこと。
ここで注目すべきは、客Bは客Aと指名ホストが被る事は少ない、ということ。
そうなれば、客Aの接客時にヘルプとして良いところを見せていれば客Bに勧めてくれるチャンスが来ようというもの。
地道にヘルプとして頑張ってきた成果が実を結ぶ瞬間です。
店内には他にもホストがいるので確実に指名をもらえるわけではないですが、モチベーションを保ちつつ仕事に取り組めば転がってくるチャンスはあるのです。

最低保証があるから安心

ホストの給料の大部分は歩合。
基本的に歩合は指名を受けたホストでないと換算されません。
ということは、指名を受けていないホストの給料はすずめの涙…?
安心して下さい、そこには最低保証があります。
主に入店間もない新人ホストのための制度で、簡単に言えば一定額の基本給をもらえるのです。
支給の期限は店舗によって異なります。
永久の場合があれば、入店後3ヶ月など。
貰える間に指名してくれるお客さんをゲットしましょう。

最低保証の金額が高いホストクラブランキング

ホストバイト、一番気になるのはやはり給料

ホストでバイトしようと考えている人はやはり「大金を稼ぐ」という理由が多いでしょう。
ですが、実際のホストの給料のしくみについては知らない人が多いと思います。
このページではそのしくみについて説明していきたいと思います。
なぜホストバイトが稼げるのか、その点についても少し説明します。

money

ホストの給料基本システム

まずはホストのバイトでの給料体系を説明しましょう。
ホストクラブでは基本的に「歩合給」となっています。
自分を指名してくれたお客さん、指名にはいたってないが接客対応をしたお客さんが店内でお酒やフードメニューを注文した金額に応じて、その一部が給料になります。
その割合を「歩合」または「バック」などといいます。
だいたい40%~70%くらいが相場です。

ホストの給料計算例

言葉だけではわかりにくいと思いますので給与の計算例を紹介します。
大雑把な計算ですが、

100万(お客さんが使った金額)
50%(歩合・バック)
の場合、
50万円がホストの給料になります。

ホストクラブのバイト情報に「がんばったらがんばった分だけ給料になる」と書かれているのはこういった給与体系があるためです。
時給1000円のバイトであれば8時間きっちり働いて8000円
ホストはほんの数分でも10万のシャンパンを注文してもらえたら4万~7万くらいのお金を稼げます。
さすがに10万のシャンパンが頻繁に注文されるわけではありませんが1万円程度のシャンパンならそこそこあります。
これだけでも普通のバイトに比べて効率よく稼げるのがわかってもらえると思います。

最初はみんな新人ホスト

仕事に慣れていない・自分のお客さんが全然いないといった新人ホスト時代は誰にでもあります。
お客さんがいなければシャンパンの注文もなし、
そんな日がずっと続いた場合に歩合計算したら…給料が0円?
そんなことはありません。
最近のホストクラブのバイト情報で見かけるのが「最低保証制度
新人ホストへの救済策の1つです。
これは売り上げから換算した給料が「最低保証給」に達しないホストに対して支払われます。
つまり最低保証金が20万で歩合・バックが50%の場合、40万以下の売り上げのホストには一律20万が支給されるということ。
一つだけ注意したいのは、この最低保証は店によって期限が決められている場合があるということです。
それは、この制度の目的ががんばりながらもなかなか成果に繋がらない新人の救済策であって、努力をしないままお金をもらい続けようと考えるホストのためではないからです。

関連リンク

ホストの給料大公開!

↑このページのトップヘ