ホストバイト Q&A

ホストクラブでのバイト、求人情報に関する疑問・質問とその回答を紹介します。

タグ:給料

似た仕事のようで実は結構違う

バーテンダー

ホストクラブと同じく男性の夜のバイト先にボーイズバーがあります。
ひとくくりにされがちなこの二つの仕事ですが、異なる点が多いのです。

隣に座ってイチャイチャできない

ホストクラブのホストは基本的にお客さんの隣で、時にはべったりくっついて接客するのですが、ボーイズバーは異なります。
お客との間にカウンターがありますので対面での接客が基本となります。
通常のバーのバーテンダーに近い形ですのでお客さんとの距離感はちょっとあります。

24時間だって営業できる

実際に24時間営業しているボーイズバーは見当たりませんが、通常のバーと同じ扱いですので深夜も朝方も問題なく営業出来ます(バーの営業許可は当然要ります)
ホストクラブは基本深夜1時(場所によっては24時)までですから結構異なります。
営業時間が延びれば働く、働ける時間も延びます。
これをメリットとみるかデメリットとみるかは人それぞれでしょう。

指名制度がない

ホストクラブではお客さんは自分の接客担当のホストを指名します。
指名は基本的に永久に継続されます(担当のホストが辞めた場合は別のホストを指名できる)
ボーイズバーには指名がそもそもないか、あったとしても永久といった拘束はありません。
お客さんはその日の気分に合わせて接客担当を選べるわけです。
ホストクラブ・ボーイズバー双方にそれぞれメリット・デメリットがあるので一概にどちらが良いとはいえません。

給料の仕組みは近いところも

ボーイズバーの給料は時給のみの場合の他、歩合が付くことがあります。
歩合とはつまり「成果報酬」。
ボーイズバーにおいてはお酒などの注文を受けた額。
ドリンクバックとも呼ばれます。
金額に一定の%を欠けることで算出されます。
たとえば、1,000円の飲み物に20%のバックがつくならば1杯注文を受けるごとに200円の給料となります。
この歩合はホストクラブで働くホストのメインの給料。
歩合の%はボーイズバーの方がホストクラブに比べて少ないことが多いです。

ボーイズバーの仕事に興味がわいたら…
ボーイズバーの求人を見てみよう!

ホストクラブのシフト事情

通常のバイトにシフトがあるようにホストのバイトにもシフトはあります。
しかし、ホストクラブのバイトの出勤は結構自由度が高いので、 基本的には自分で出勤ペースを決めることが出来ます。
自分の働ける時間帯から決めてもらえればOKですが、
レギュラー出勤、バイト出勤のメリット・デメリットも参考にしてみてください。

syukkin

出勤ペースの違いによるメリット・デメリット

◆レギュラーホスト
大よそ週に4~5日くらいは出勤するホスト。
定休日以外の日、つまりホストクラブの営業日全てに出勤するホストも指します。
毎日出勤しているので新規客獲得のチャンスが多く、周囲のホストたちとの連携もとりやすいです。
ヘルプ(接客補助)での給料ももらえますし、皆勤賞などの手当ても狙えます。
給料の変動が多いホストの中でも比較的安定した給料が見込めます。

◆バイトホスト
だいたい週1~3日くらい出勤するホスト。
学生ホストや別の仕事を掛け持ちしているホストなどが多いです。
無理せず自分のペースで働けますが、店にいないことも多いのでお客獲得のチャンスが限られてしまいます。
また、レギュラーホストとの差別化として給料体系が変わる場合が多いです。
当然出勤日数が多いレギュラーホストの方が良い給料体系(歩合の率が高いなど)になります。
バイトホストではそもそも歩合給がなく、時給扱いになることもあります。

歩合給については
ホストのバイトの給料は?いくら稼げる?
を参考に

参考リンク

週1から可能?バイト勤務ができるホストクラブ情報

ホストバイト、一番気になるのはやはり給料

ホストでバイトしようと考えている人はやはり「大金を稼ぐ」という理由が多いでしょう。
ですが、実際のホストの給料のしくみについては知らない人が多いと思います。
このページではそのしくみについて説明していきたいと思います。
なぜホストバイトが稼げるのか、その点についても少し説明します。

money

ホストの給料基本システム

まずはホストのバイトでの給料体系を説明しましょう。
ホストクラブでは基本的に「歩合給」となっています。
自分を指名してくれたお客さん、指名にはいたってないが接客対応をしたお客さんが店内でお酒やフードメニューを注文した金額に応じて、その一部が給料になります。
その割合を「歩合」または「バック」などといいます。
だいたい40%~70%くらいが相場です。

ホストの給料計算例

言葉だけではわかりにくいと思いますので給与の計算例を紹介します。
大雑把な計算ですが、

100万(お客さんが使った金額)
50%(歩合・バック)
の場合、
50万円がホストの給料になります。

ホストクラブのバイト情報に「がんばったらがんばった分だけ給料になる」と書かれているのはこういった給与体系があるためです。
時給1000円のバイトであれば8時間きっちり働いて8000円
ホストはほんの数分でも10万のシャンパンを注文してもらえたら4万~7万くらいのお金を稼げます。
さすがに10万のシャンパンが頻繁に注文されるわけではありませんが1万円程度のシャンパンならそこそこあります。
これだけでも普通のバイトに比べて効率よく稼げるのがわかってもらえると思います。

最初はみんな新人ホスト

仕事に慣れていない・自分のお客さんが全然いないといった新人ホスト時代は誰にでもあります。
お客さんがいなければシャンパンの注文もなし、
そんな日がずっと続いた場合に歩合計算したら…給料が0円?
そんなことはありません。
最近のホストクラブのバイト情報で見かけるのが「最低保証制度
新人ホストへの救済策の1つです。
これは売り上げから換算した給料が「最低保証給」に達しないホストに対して支払われます。
つまり最低保証金が20万で歩合・バックが50%の場合、40万以下の売り上げのホストには一律20万が支給されるということ。
一つだけ注意したいのは、この最低保証は店によって期限が決められている場合があるということです。
それは、この制度の目的ががんばりながらもなかなか成果に繋がらない新人の救済策であって、努力をしないままお金をもらい続けようと考えるホストのためではないからです。

関連リンク

ホストの給料大公開!

給料以外にもらえるホストの収入

ホストバイトで賞金や手当てがあるのは本当です。
ホストのがんばり・努力を称えて、モチベーションを上げる効果があります。
金額的な面もありますが、店内で表彰されたりHPや掲載しているサイトでも書かれるのでそれをみて新規のお客さんが増えるという効果も期待できます。

syokin

賞金・手当ての例

各ホストクラブによって名目・賞金額は様々ですが、代表的な例を挙げてみましょう。

・ナンバー賞
※月間売り上げ上位のホストに支給される賞金。
NO.1ともなれば名実ともにその店のトップとなります。

・新規数NO.1
※売り上げとは別に新規のお客さんを獲得した数の多いホストに与えられる賞金。

・指名数NO.1
※指名された数、指名客が来店した数が多いホストに与えられる賞金。

・新人NO.1
※新人のなかで一番売り上げの高いホストに与えられる賞金。

・皆勤賞
※全営業日に出勤したホストに支給される手当て(店によっては全営業日でなくても出勤日が多ければもらえることも)

・役職手当て
※「幹部」「主任」などの役職を持ったホストに支給される手当て(新人育成などのホストとしての接客業務以外にも仕事があるため)

・入店祝い金
※新人ホストが一定期間バイトをした際にもらえる手当て
他の賞金に比べて額が大きいことが特徴(10万など)

などがあります。
金額は5000円~数万円くらいです。

関連リンク

まだまだあるホストクラブの賞金♪
各ホストクラブ独自の賞金・手当てを紹介

ホストのバイトをシミュレートする

体験入店とは数時間だけホストの仕事を体験することです。
ホスト業界に初めて飛び込もうとしている男性たちには是非活用してもらいたいシステムです。

tower

ホストを「練習」し「不安」を解消する

ホストクラブは基本的にお客さんとマンツーマンで対応します。
会話で楽しませつつお酒を作り、提供する。
細かいルールや接客マナーなどを知らずにいきなりこれをやれ、といわれてもできない人がほとんどでしょう。
なので体験入店とは
・接客に対する不安を解消する為の「練習」として働くこと、
・そのホストクラブの雰囲気を知って実際に働くかどうかを決める判断材料を得る
といった目的で行われます。
あくまで体験ですので、体験終了後に必ずその店で働かなくてはいけないわけではありません。

参考リンク

ホスト密着取材~体験入店・新人・ベテランホストの1日~

たとえ体験でもバイト料はでる

嬉しいことにこの「体験入店」にも給料が発生します。
5000円くらいから多いところで数万円も。
金額の大きさはそのホストクラブの新人獲得の熱意の表れです。
ただし、即日もらえる場合と実際にバイトをするようになった後で支給する場合があるので体験開始前に確認しておきましょう。

参考リンク

体験入店で15,000円以上支給してくれるホストクラブ

さらに簡略した「見学」ができるお店も

最近では体験入店よりもさらに手軽にお店のことを知ってもらおうという「店内見学」を用意しているホストクラブが少しずつ増えてきています。
言葉の通りで営業中のお店を見学できます。
実際にお客さんの相手はしません。
最初に面談・面接があるのは体験入店とそれほど変わりません。
見学だけなので短ければトータルで1時間~2時間ほどで完了するので拘束時間も短くてすみます。
その分もらえる給料は体験入店に劣りますが、自分の時間に合わせて使い分けると良いでしょう。

↑このページのトップヘ