ホストバイト Q&A

ホストクラブでのバイト、求人情報に関する疑問・質問とその回答を紹介します。

タグ:酒

そもそも、ホストってどんな仕事をする職業?

ホストの仕事…
女性とおしゃべりして酒を飲んで騒ぐ。
あながち間違ってはいませんが、他にも細かいところがいろいろ。
それらを紹介します。

シャンパン

お客さんの案内

キャバクラではボーイがやったりしますが、ホストクラブではホスト自らお客さんをお出迎え。
テーブルまで案内します。
新規のお客さんの場合はホストが整列して並んだりもします。
お客さんへの感謝の気持ちを表す行動です。

お酒を作る

ホストクラブはお酒を提供するところ。
ビールや缶チューハイ、シャンパンなどそのまま飲むお酒もありますが、水割りを飲むお客さんもいます。
それらを準備するのもホストの重要な仕事です。
テーブルに付いてすぐは乾杯のタイミングですので手際よく準備する必要があります。
作る順番は当然お客さんが1番目、ヘルプとしてテーブルに付いてる場合は次に担当ホスト、最後に自分の分です。
ヘルプの場合、自分の分を作る前にはちゃんとお客さんに確認を取ります。勝手に作るのは、マナー違反です。

煙草に火をつける

ホストクラブを題材にしたドラマなどでよく見るシーン。
お客が煙草を取り出したらさっと火をつける。
待たせないタイミングで素早く行うのが重要です。
灰皿の交換は頻繁に。
吸殻が山盛りになっているのはNGです。

おしぼりを渡す

お客さんが化粧室・トイレに行ったら戻るまで近くで待っています。
手にはおしぼり、戻ったお客さんにおしぼりを渡します。
そしてお客さんを案内しつつテーブルに戻ります。

テーブル周りの整理・掃除

テーブル、特にお客さんの目の前には飲み物、灰皿、チャーム(乾き物・お菓子類)だけに整理整頓しておくのが基本です。
割り物、ゴミなどは出来るだけホストの近くに置いておき、お客さんがトイレなど席をはずした隙に片付けます。
グラスの水滴もこまめに拭きます。

お酒を飲む

ホストの仕事のメインのひとつ。
お客さんが注文してくれたお酒を飲みます。
この注文こそが自分の売上に繋がるわけですから無理の無い範囲で飲んで追加注文を受けたいところです。
ヘルプホストにも協力してもらいつつ飲んでいくのが基本です。

お客さんとの会話

ホストの仕事のメインのもうひとつ。
お客さんを笑わせたり、悩み・グチを聞いたり、世間話をしたり。
ホストとしての腕の見せ所です。
お客さんが何を求めているのか、何に興味があるのかを話の中から探して展開していければ理想です。
ここでもヘルプと協力して進めていけばバリエーションも豊富になり、飽きさせない接客ができます。

シャンパンコール

ホストクラブが一番盛り上がるのがシャンパンコール。
シャンパンを注文してくれたお客さんへの感謝を表すパフォーマンスです。
担当ホスト以外にもホストが集まりコールで盛り上げます。
このシャンパンコールは即興でやるには難しいので開店前などに練習をしています。
みんなで意見を出し合って、独自の面白いシャンパンコールを生み出すこともあります。

ショータイム

お店の規模によってはショーを行うスペースがあることも。
定番としてはダンスショーがあります。
これもシャンパンコールと同様に練習を積み重ねてお客さんに披露します。
関西圏だと漫才などをすることもあります(笑)
お客さんを飽きさせない演出の1つです。

お客さんの送り

お客さんをお出迎えしたのと同様に、帰るお客さんを送っていくのもホストの仕事。
送りは基本的に担当ホストが行います。
営業中であれば家で送るのは無理なので店の外まで。
外までの道中、特にエレベーターは2人だけの密室空間。
イチャイチャし放題、むしろイチャイチャすべき空間です。
ここでの行動が次回来店に繋がる可能性もあります。
送った後の連絡も忘れずに。

関連リンク

ホストの仕事がわかったら「体験入店」で実践!
どうせなら高い体験料が狙い目。
体験料15,000円以上のホストクラブ:歌舞伎町
体験料15,000円以上のホストクラブ:大阪ミナミ

ホストバイトの年齢制限

ホストクラブも営業の種類で言えば「風俗営業」の一つ。
働く人たちには年齢制限があります。

age

法律で決められた年齢

ホストクラブで未成年は働けない、と思っている人が多いようですがそんなことはありません。
法律上18歳以上であれば働けます。
女性がキャバクラなど水商売のお店や風俗店で働く場合と同様です。
しかし、20歳未満ですので当然飲酒・喫煙はできません。
なので飲むのはソフトドリンクなどに限られます。

高校生は働ける?

18歳と言うと、順調に進学していれば高校三年生ですよね。
高校生でもホストクラブで働けるのかと問われれば「法律上はOK」と答えます。
しかし、ホストクラブ側も高校生を雇うのは無用なトラブルの元になるので避けている場合がほとんどです。
ホストクラブのバイト情報を見てみると募集資格・年齢のところに「高校生不可」と記載してあることに気づくでしょう。
これはホストクラブ側の自主規制のようなものです。
その他、飲酒・喫煙が可能である20歳を応募条件にしているホストクラブもあります。

ホストの年齢上限は?

年齢の下限は法律で18歳となっていますが、年齢の上限はホストクラブによって様々です。
最近はホストの低年齢化が進んでいるので30歳くらいが一応の目安となる場合がほとんどです。
とはいえ、30代、40代ホストが活躍する大人向けの店もあるのでチャンスはありますし、トークが上手い・女性をもてなすのが上手いのであれば上限など設けないホストクラブもあります。
極まれに60代くらいのおじいちゃんがホスト一覧に載っていることもありますから

関連リンク

生涯現役?
30代で頑張るホスト達に注目!

ホスト=酒を飲みまくるイメージ?

酒

ホストには酒を飲むイメージが強いですが酒に弱い人でも、もちろん働けます。
ホスト=酒のイメージ自体が決して間違っているわけではないのですがホストの仕事はそれだけではもちろんありません。

ホストクラブにあるのはアルコール飲料だけでない

ホストクラブには様々なアルコール飲料があります。
ビールやワイン、ブランデーにシャンパン、カクテルなど。
その逆にノンアルコールのソフトドリンクもあります。
これはホストのためというよりはお酒の苦手なお客さん用のものです。
だからと言って、ホストがこれを飲んではいけないということはありません。
ソフトドリンクやアルコール度数の少ない飲み物を織り交ぜながら接客することで十分にホストとしての仕事をやり遂げることは可能です。

酒を飲むだけがホストの接客ではない

酒をガンガン飲むことでお客を楽しませて売り上げを上げるのも接客スタイルの1つ。
逆に、さほど酒を飲まなくともトークなどで楽しませるのも立派な接客スタイルなのです。
お客さんのタイプに合わせた接客ができれば問題ありません。

先輩にテクニックを教わろう

人間にはみな体質があるので酒の強さもまちまち。
当然先輩ホストの中にも酒に弱いホストがいるはずです
どうしても飲まないといけない場面も出てきますが、彼ら先輩ホストにそういった時の対処法を聞いてみましょう。
意外なやり過ごし方を教えてもらえるかもしれませんよ。

参考リンク

酒が飲めないなら、他でカバーすればいいじゃない♪
酒の飲めないホスト選手権
酒が飲めない・弱いホストの仕事術

↑このページのトップヘ